美味しい召し上がり方

美味しい食べ方v2

知床で獲れる旬の魚の説明です。魚種ごとにまとめてみました。

お取り寄せに関しては問い合わせメールで水揚げ状況を確認してください。

お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

知床は四季折々で次々と獲れる魚種が変わります。その時期において主役が変わるような目まぐるしく入れ替えが行われております。すべての魚が対象にはなりませんが秋の方が水温が低い分身の締りがあり脂がのっていて価格も高い と思います。 日本一海岸線が長い町で砂地と岩場によって様々な魚が次々にとれていく知床は最後まで天然の魚が生息できる環境なのではないでしょうか。                IMG_5400

 純粋知床産 きんき   漁期4月~1月生出荷 冷凍は製品で通年発送 1月~4月までは流氷で休漁
近年漁獲量が極端に減少してきたお魚で「きんき」「めんめ」「きちじ・吉次」とも呼ばれております。本州のお客様は金目鯛とか赤魚かと聞かれますが、この知床産のきんきは価格も価値(脂のり・身のやわらかさ)比較にならない程高価な魚です。 とれたてで鮮度がよいのに脂肪分が非常に高いお魚で、特に年末はkg1万円の値がつくほどの高値となります。 知床ではお正月に鯛のかわりに よくこの「きんき」が食卓に上がります。お祝いの魚というイメージが高く、またその魚体の色も鮮明な赤(特に生魚)です。料理は多彩で刺身、握り寿司、煮魚、唐揚げ甘酢あんかけ、湯煮、茶漬け、一夜干し焼き、ちり鍋、まいたけとのホイル包み焼き、昆布蒸し、姿揚げと多彩であらはお吸い物として最適です。煮魚や鍋にしようするときに肝臓を裏ごしして汁に足すと深みがより一層高まります。本州生出荷は つぼ抜きした発送方法が鮮度維持に適していると思います。又は船上活〆。価格はつぼ抜き前の価格でお届けいたします。生の大きさは400g代が主流で一夜干しは250~300代前半が大きさで主流となっております。弊社のきんき製品は日本一の品ぞろえをしております。一夜干しの他にも味噌漬け・姿煮・出汁煮・刺身・生冷凍半身・きんきのハラス・生冷凍姿の他にも肝煮・肝と中骨の出汁・きんきハラスともずくのお吸い物など多種多様にご用意しております。ヤフーショッピングでもきんき専門ショップ「しれとこきんき屋」も運営しております。生の発送も承っております。お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com                 きんき一夜干しときんき味噌漬けは地元斜里町の知床ブランドの認証商品です。                http://www.shiretoko-gourmet.com/gourmet_list.html

hokegun

純粋知床産 ほっけ 漁期5月~6月 9月~11月生出荷 生冷凍又は加工冷凍は通年 1月~4月までは流氷で休漁 本場のほっけ   昨年は資源が激減
全道各地で水揚げされるほっけではありますが、知床産の真ぼっけはひと際脂ののりがよいものが多く採れます。ただしすべてのほっけが 満足のいくものではなくほんの一握りのほっけだけが干し物として使用されているのが現実であります。時期と場所によってその価値観が 大きく左右されますので「ほっけの目きき」が問われるほどです。ほっけの善し悪しは脂ののりがいいかどうかで色合い・形・生産者・時期など 総合的な判断をしてセリ落とします。脂肪分比率が高いとその分だけ水っぽくなくふっくらとしております。生のほっけはムニエルに 代表されるようにフライパンで炒める料理が向いておりますが、とれたてのほっけをそのまま煮つけて食べるのもなかなかのものです。 近年は刺身でも流通されるようになりましたが加熱調理の方が美味しく召し上がれるのではないでしょうか。一般的なものでほっけフライなどがあげられます(北海道のソウルフードで肉厚なものほど美味しく感じられます)が、ぬか塩に漬けたり、味噌に漬けたあとの焼き魚もおつなものです。
生ほっけを焼くときはある程度塩を浸透させたり、味噌を浸透させて焼くと身が締まり美味しく召上れます。ウロコと内臓を取り出して塩水で軽く洗ってから、 酒を振りかけて調理するとより生臭くなくより柔らかく召上れ、焼き魚、ムニエル、フライ、煮魚などがポピュラーで使われております。生出荷については鮮度落ちが激しいので内臓を取りのぞいた状態のもの、もしくは半身をお奨めいたします。近年は資源の減少から価格が高騰しており、 また美味しいほっけの比率が下がっているのが現状で、大きさは小で300~400g代 中で400~500g代 大で500~600g代 そのときどきで脂ののりも変化いたします。 弊社の開きほっけは一度冷凍し数日間をかけて解凍し全身に皮下の脂肪をいきわたらせます。また大量生産方の寝かせ干しではなく、 小仕込み型のつるし干しなので尻尾まで脂がまわってふっくらとしております。知床のトップブランドとしての製品精度であります 大きさは200g~500gまで様々 。弊社の低温熟成味噌仕込みはエンドユーザーに支持されている商品で、半身味噌漬け90g~110g2枚パックがあります。生冷凍半身・ほっけフライなどもご用意しております。   お問い合わせ info@shiretokokoubo.com

2015-04-28 16.47.52

hoketokudai
純粋知床産秋のねぼっけ   漁期10月~11月生出荷   生冷凍又は加工冷凍は通年 1月~4月までは流氷で休漁
料理は 焼き魚 ロール巻 フライ ムニエル ぬか漬け焼 煮魚など
通常深場にいてずっと底に這いついて動かず「ほっけの主」のような感じなのですが産卵時期のため浅瀬にきてよく定置網にかかり、 とにかく魚体が大きいのが特徴で一夜干しというよりも味噌漬けや塩漬けにして水分を減少させて身を引き締めた加工を施します。 肉厚で焼き上がりがふっくらしているので味噌漬けなどが相性がよく、ほっけフライの製品は生の状態でパン粉漬けをして惣菜加工品として お届けすることも可能です。スキンレスフィーレの生冷凍で主に中華料理店におろしております 。大きさは特大で2kg代 1kg代 それ以下。生冷凍半身はムニエルや揚げ物商材として活用されております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

しまほっけ
生しまほっけ 漁期5月~6月   1月~4月までは流氷で休漁 水揚げは少ない
料理は ムニエル 煮魚 から揚げ フライ
春先にとれるほっけで「まぼっけ」とは種類が違います。体に黄色と黒の縦じまがあるのが特徴で、より鮮明なのがオスで少しぼやけた感じのものがメスと なっております。オスの方がメスよりも卵を持っていない分だけ脂がのっております。まぼっけと比べるとやや身が柔らかいのが特徴で、価値はやはり まぼっけの方が高いと思います。ほとんどのスーパーで販売されているのが外国から輸入されたこの「しまほっけ」です。近年漁獲量が減少し製品化はしておりません。         お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

知床の「鮭鱒」について
知床は8年連続日本一鮭鱒が獲れる地域でまさに「メッカ」です。 ピンからキリまで価格も1切れ3500円の鮭児から1切れ50円ほどの安手の切り身も取り揃えることができます。獲れる時期によって魚種が変わります。5月から追って説明いたします。

tokudaiichibi

純粋知床産 さくらます 漁期5月~6月上旬   1月~4月までは流氷で休漁 昨年は不漁                      料理は 刺身 サラダ&カルパッチョ ムニエル から揚げ 握り寿司 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼き
川にいるとやまべ 海に降りるとさくらますといわれておりますが姫鱒(海に下りると紅鮭)同様、最もおいしい鮭鱒といわれております。北海道でもほとんど紅鮭の水揚げは少なくなってきて、ロシア海域からの船上げが大半となってきている昨今では、日本で獲れる最も美味しい鮭科の魚といえるでしょう。海で暮らすことによって川にいるやまべと比べて数倍の大きさになって成長するということと、比較的獰猛で腹を割くとよくいわしや小魚を食べていてそれらが脂のりとなり、しかも身は繊細で鮮明なピンクの色なのが特徴です。その中で1.5kg以上は脂がのっていて刺身用に柵取りをいたします。残されたハラスも一夜干しにして販売たり、弊社関連会社の知床の地場「しれとこ里味」で炭火焼きの一品として提供しております。また低温熟成塩仕込みや旨味干し、低温熟成味噌仕込みとこの魚は手をかけた分だけそれに応えるべく美味しい味わいを醸し出してくれます。私どもは年間販売するために最も多く加工する品種のひとつとして取り上げております。また知床の海は川の数が日本一多く、プランクトンが豊富なせいか他の地方のさくらますとくらべて太っていて脂がのっているのも特徴です。握り寿司ゃ刺身を生食で食べる場合は必ず一度冷凍して半解凍状態「ルイベ=アイヌ語で融けた・食べ物の意味」で切り、またムニエルや煮魚・ホイル包み焼きなど季節の野菜をおりまぜながら美味しく食しております。地元の人たちが流氷が去り海明けとなって最も待ち焦がれた魚のひとつで人気魚であります。 秋に獲れる「口黒ます」は同じものでこちらは小ぶりでも水温が低い分だけ脂がのっております。サイズは500g~699g 700g~899g 900g~1099g 1100g~1299g 1300g~1499g 1500g以上と区分わけしております。最多重量帯は800~1099g帯で1kg以上が脂がのっております。 内臓を取り除いた生出荷もオーダーで取り扱っております主に製品として半身生冷凍・刺身冷凍・味噌漬け・干し魚・味噌漬けのほぐし身を年間販売しておりますが、6月に入ると脂が極端に落ちてしまう魚でもあります。生の発送も承っております。お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com さくらます味噌漬けは地元斜里町の知床ブランドの認証商品です。http://www.shiretoko-gourmet.com/gourmet_list.html

030純粋知床産 ときしらず 漁期5月下旬から6月   1月~4月までは流氷で休漁 昨年は高値                     ときしらずも旬があり「走り」「盛り」「なごり」という風に分けられ「走り」「盛り」の3kg以上は 脂がのっていてハラスも肉厚てで美味しい。「なごり」は魚体は大きくなるのですが、 腹に卵が成長してきて脂がその卵にとられていきます。 見分け方は素人では難しく、毎日せりに参加して魚体の変化を見定め、1尾1尾せり落としていきます。 弊社は「走り」「盛り」の最高のしかも大型のものだけをせり落としております。料理は 刺身 サラダ&カルパッチョ ムニエル から揚げ 握り寿司 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼きさくらますにやや遅れて獲れ始まります、普通鮭は秋の産卵期に川の真水を嗅ぎ取って岸によりつくものですが、このときしらずは時期はずれの春にとれるのでおなかの中に卵が成熟しておらず、その分身に栄養がたっぷりとのっている状態で獲れるので身がやわらかく大変美味しくなっております。特に3kg以上からは脂ののりが顕著に現れます。知床のときしらずはブランド鮭でその他の地方のときしらずと比較しても2~3割ほど高く市場評価されております。おそらくほかの沿岸定置網にかかるときしらずよりも魚体が太っているのではないのかと思っております。3.5kg以上は刺身用にそれ以下は低温熟成塩仕込みや低温熟成味噌仕込みにいたします。40時間もの熟成期間の間に鮭の皮の下の脂が身にしみわたり全身に回り旨味をましてきます。弊社では美味しいときしらずをお届けするために毎日セリに参加し太って脂ののったときしらずを1本ずつ購入しております。6月末になるとお腹の中に卵が成長してき面に脂ののりが落ちていきます。この見極めは目ききの判断に他ありません。サイズは2kgg~2.4kg 2.5g~2.9g 3kg~3.4g 3.5g~3.9g 4kg以上と区分わけしております。製品は塩漬け・刺身・かま塩漬けなどですが、シンプルなものだけに他社との比較対象がしやすく自身を持ってお勧めしております。生の発送も承っております。お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

あおます

純粋知床産 あおます 漁期7月~8月   1月~4月までは流氷で休漁 水揚げは少ない
料理は ムニエル から揚げ 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼き。僅か短い期間にとれる鱒で大型のもの特に2kg以上のオスは脂がのっております。鮭鱒の産卵期に入り、川に遡上する前に網にかかったもので川の真水を吸っていないものほど身が赤く脂がのっております。逆に何度か真水を吸って川に遡上準備が整ったものほど、身が白くなり脂が抜けていきます。自然の生態系にそった摂理であるのでしょう。食べ方は生で塩ふり焼きにしたりムニエルにしたり、煮魚にしたりホイル包み焼きにしたりと火を通してたべることをおすすめしたおります。脂ののったオスの鱒は鮭よりもおいしいと地元の人は評価しております。身質の性格上冷凍よりも生出荷をおすすめいたします。半身送りがベターな発送かと思います。サイズは2kgg~2.4kg 2.5g~2.9g 3kg~3.4g と区分わけしております。 近年資源の減少で価格が高騰。製品化が困難な状態となっており、生の発送だけ承っております。暑い7月の夜に輪切りにした青ますを煮魚にしてぬる燗で一杯をするぜいたくさは格別であります。      お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

P1020896

生からふとます 漁期7月~8月   1月~4月までは流氷で休漁 過去3年不漁
料理は ムニエル から揚げ 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼き
俗にオホーツクサーモンと呼ばれている鱒で前期群と後期群に分かれて岸によりついてきます。前期群は卵が成長していない分だけ身に栄養が残り、逆に後期群は卵が成長して筋子として利活用されます。 大きいものほどおいしいのは一般的な考えではありますが大型のもの特に2kg以上のオスは脂がのっております。鮭鱒の産卵期に入り、川に遡上する前に網にかかったもので、川の真水を吸っていないものほど身が赤く脂がのっております。逆に何度か真水を吸って川に遡上準備が整ったものほど、身が白くなり脂が抜けていきます。自然の生態系にそった摂理であるのでしょう。食べ方は生で塩ふり焼きにしたりムニエルにしたり、煮魚にしたりホイル包み焼きにしたりと火を通して食べることをお薦めしております。
脂ののったオスの鱒は鮭よりもおいしいと地元の人は評価しております。生の発送も行っております。
サイズは2kgg~2.4kg 2.5g~2.9g 3kg~3.4g と区分わけしております。製品化としは現在弊社で自前で醗酵させた特製の魚生麹に低温で漬けこみ、タンパク質を軟化させたり旨味を出しております。     お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

画像6鮭1本めじか姿 (2)

純粋知床産 銀鮭 漁期7月~8月   1月~4月までは流氷で休漁 水揚げは少ない
料理は ムニエル から揚げ 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼き
目が小さく尻尾が太いのが特徴ですがその見分けは素人の人がみてもほとんどわからないくらいです。より太っているもの、よりおおきいものがやはり美味しいですが、若干身が固いのが特徴です。銀鮭も川の真水を吸っていないものほど身が赤く脂がのっております。逆に何度か真水を吸って川に遡上準備が整ったものほど、身が白くなり脂が抜けていきます。ただしこの時期の卵は小さいのが特徴です。食べ方は生で塩ふり焼きにしたりムニエルにしたり、煮魚にしたりホイル包み焼きにしたりと火を通してたべることをおすすめしたおります。現在価格が高騰しており、製品化は行っておりません。生の発送をしております。  サイズは2kgg~2.4kg 2.5g~2.9g 3kg~3.4gと区分わけしております。    お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

IMG_5351

純粋知床産 生鮭 漁期8月~11月   1月~4月までは流氷で休漁         昨年は激減
俗に言う「秋鮭」です 産卵期に向けて遠くロシアのかなたで育くまれていた鮭は4年たつと生まれ育った母なる川にもどってくるのです。川の真水を吸っていないものほど身が赤く脂がのっております。逆に何度か真水を吸って川に遡上準備が整ったものほど、身が白くなり脂が抜けていきます。つまりより沖でとれたものの方が岸近くでとれたものよりも脂がのっておいしいということになります。あくまで一般論ではありますが・・・また出始めにとれた鮭の方が終盤戦にさしかかった鮭よりも卵や白子が小さく身に脂がしっかりと乗っていますし、メスよりもオスの方が脂ののっている比率は多いといえるでしょう。ただそれも鮭を3枚おろしにして身を確認して色つやを見てみないと断定できない部分はあります。弊社の取り扱いは知床半島の突端の方に位置する網にかかったオスの鮭を特別に購入しており、よりよい選別環境の中で鮭を取り扱っております。
食べ方は生で塩ふり焼きにしたりムニエルにしたり、煮魚にしたりホイル包み焼きにしたりと火を通してたべることをおすすめしております。サイズは2.5g~2.9g 3kg~3.4g 3.5kg~3.9kg 4kg以上 と区分わけしております。
鮭については本場なので様々な鮭が入荷いたします。ランクに応じて価格も変動いたします。お問い合わせ info@shiretokokoubo.com

IMG_5772IMGP5417

純粋知床産 鮭めじか 漁期9月~11月   1月~4月までは流氷で休漁 水揚げは少ない
秋鮭の中で沖でとれた鮭の中でより太っていてころんとして、その分目がよっている鮭のことを「めじか」「目近」と評しております。その比率は2000本に1本とされ 貴重な鮭として贈答品に使用されております。鮭は4年の回遊魚で必ず母なる川に戻ってくる習性から「縁がつながる」として贈り物に使われるゆえんだそうです。通常の鮭と比べて身がピンク色で張りがあって脂ののりがいいものが多く、特にメスの比率が高くなっています。 特に脂ののっためじかは刺身用として加工し、それ以外は低温熟成塩仕込みをいたします。この製法は通常の「箱切り」という身をさばいてすくに塩をあてて冷凍する方法と違い、塩をあててから40時間熟成させて脱水させるため重量が箱切りと比較して2割ほど目減りしてしまいます。その分鮭の皮の下の脂が身に浸透して全身に脂がまわり、また塩の浸透圧によって鮭本来の深い味とコクが生まれます。生鮭の食べ方は生で塩ふり焼きにしたりムニエルにしたり、煮魚にしたりホイル包み焼きにしたりと火を通してたべることをおすすめしたおります。サイズは2.5g~2.9g 3kg~3.4g 3.5kg~3.9kg 4kg以上 と区分けしております。   お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

IMG_0695

鮭児 漁期10月~11月   1月~4月までは流氷で休漁
料理は ムニエル から揚げ 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼き 刺身&握り寿司 塩ふり焼き 鮭児鍋
鮭児(ケイジ)とはアムール川本籍のサケで11月上旬から中旬にかけて主に知床から網走付近でとれる脂ののった若いシロザケ 。鑑別点は腹を開けて胃袋の下側についている幽門垂の数で200近くあるか、尾びれが切れていたり、腹が白かったりと見分けられるが素人は判別不可能。 脂のり満点 脂肪比率が通常2~15%程度の銀毛シロザケより極めて高く20%代
希少価値 ちなみに2006年度 斜里町における斜里第一漁業協同組合とウトロ漁業協同組合の2つの漁協の1年間のシロサケの合計水揚げ数は約850万匹でそのうちケイジの水揚げ量は480匹と極めて少なくその比率は1万本~2万本に1本という希少価値であります。       全身に栄養たっぷり 鮭児は卵巣、精巣が未成熟でありその為、魚体全身に脂がのっております。つまり筋子も白子もみえないが型が大きくなると細い筋子、白子なとが確認されることがあります
小ぶりだけどおいしい。 ケイジは2kg台が中心で1kg台もあります。まれに3kg台、4kg台もあります。
ますのすけ、トキシラズと違うのは、体が大きくなるほど脂があっておいしいとは異なり小ぶりでも脂がのっているのが特徴です。色はピンク色でかつ繊細な舌ざわりのため、ルイベ刺身で食べると口の中でとろけるようです。
鮭児タグによる認証 斜里町は斜里第一漁業協同組合とウトロ漁業協同組合の2つの漁協から出荷されたものが荷受、セリ、買受人のきびしいチェックのもとで各組合の認証タグがつけられております。
ケイジのおいしい食べ方 ケイジの発送は丸ごと一本、または3枚おろしどちらも承っておりますが、小分けして召し上がるのなら3枚おろしをお奨めいたします。(内蔵の分だけ量目が少なくなります。)また刺身用にさばいてほしいと事前のご要望があれば無料で作成いたします。(刺身用に柵取りをしてから急速冷凍をかけ旨味を真空包装で封じ込めます)。
ただしせっかくの希少価値のケイジですのでできるだけ原形を残した形で発送いたします。塩ふり焼きにする場合は塩をふりかけてから、数時間浸透させてから焼くと、より旨味成分がでておいしく召し上がれます。刺身にする場合は一度冷凍にしないと召し上がれません。刺身は大きなものほどおいしくまた凍ったままでスライスして「ルイベ」で召し上がるといっそうおいしく召し上がれます。刺身、味噌たたき、しゃぶしゃぶ、握り寿司とすべて一度冷凍したルイベで召し上がってください。
サイズは2kg~2.4kg 2.5g~2.9g 3kg~3.4g と区分わけしております。   お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

s-shiretokoケイジ姿刺身

IMG_5351 (2)

2015-04-28 16.49.23

2015-04-28 16.50.12

純粋知床産 紅鮭 漁期9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁
料理は ムニエル から揚げ 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼き
本来知床では紅鮭はあまり生態していないはずなのですが、日々少しずつ水揚げされています。鮭鱒の中でも脂がのっていて評価の高い魚なのでせり値も当然のことながら上がります。 やはりより太っているもの、よりおおきいものが美味しいです。食べ方は生で塩ふり焼きにしたりムニエルにしたり、煮魚にしたりホイル包み焼きにしたりと火を通してたべることをおすすめしたおります。サイズは2kgg~2.4kg 2.5g~2.9g 3kg~3.4g と区分わけしております。 より太ったものは少なく、こぶりなモノが多い。  お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

IMG_5347

純粋知床産 ぶり・はまち・いなだ 漁期9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁
料理は 刺身 から揚げ 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼き
知床でも海流にのってぶりが大量に獲れ始めました。ただ9月は水温も低く身が赤くて脂がのっておりません。やはり10月の中を過ぎたころから丸々太ってきて魚体も大きくなり脂がのってきます。弊社ではすぐに内臓処理をして酸化を防ぎます。半身又は4半身状態でコンパクト発送しております。  お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

そう八かれい生

純粋知床産 宗八かれい   漁期5月~6月 9月~11月生出荷 干し魚は通年 1月~4月までは流氷で休漁
料理は 煮魚 から揚げ 干し焼き魚。生のときは独特の風味があるため生で加工調理するときは数時間真水に浸して置くくらいです。また鮮度落ちも早いので水揚げ後すぐに加工処理をしております。やはり生干しした宗八かれいは絶品で干し魚のために生まれてきたようなかれいです。生干し長時間乾燥と冷凍を解凍したものを強制乾燥では明らかに焼き上がりとその後に差がついてしまいます。生で送るよりもむしろ一夜干しにして急速冷凍をしたものが支持されると思います。小さいものは姿揚げにしたり、あんかけをかけて提供しております。 真空袋に入れて急速をかけたものは風味が逃げずによりよい状態でお届けすることができます。北海道の干し物の中で高い評価をいただいているのが弊社の知床旨味干しの宗八かれいであります。干し魚サイズは干しあがりで50g~69g 70g~89g 90g~114g 115g~144g 145g~189g 190g~299gと区分けしております。生の発送は承っておりません。生干しもしくは生冷凍の発送は承っております。                  お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

生なめたかれい2

純粋知床産 なめたかれい 漁期5月~11月生出荷 干し魚は通年 1月~4月までは流氷で休漁 昨年は不漁
料理は 干し焼き魚 煮魚 小さいものはから揚げ宗八かれいは北海道でも都市部や山間地で人気があり、なめたかれいは浜町で支持されているかれいです。この魚も独特の風味があり干し魚で価値があがるのですが、煮魚にしてもうまい、大きい魚は前者のような調理加工をして小さい魚は中骨を取り除いてから揚げとして提供しております。
生でいかに処理をして旨味を引き出すかがこのかれいの価値を揚げることになります。うろこをとって内臓を取り除き発送し到着後すぐに調理できるような連携があると価値は倍増いたします「産地&消費地のネットワーク」
大きさは小で300g代 中で400g~600g代 大で600g~800g代 産卵時期によって重量も変化いたしますが卵ごと煮つけるとたまらなくおいしい。生で送るよりもむしろ一夜干しにして急速冷凍をしたものがお安く提供できると思います。
真空袋に入れて急速をかけたものは風味が逃げずによりよい状態でお届けすることができます。
サイズは160g~179g 180g~229g 230g~249g 250g~299g 300g~349g 350g~399g 400g~449gと区分わけしております。内臓を取り除いた生状態の発送を承っております。      お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

あかがれい

純粋知床産 あかがれい  漁期5月~6月  1月~4月までは流氷で休漁 水揚げは少ない
料理は 煮魚 から揚げ フライ ムニエル 刺身、焼き魚 天麩羅 知床のあかがれいは刺し網で採れます。刺身になるのはほんのわずかではありますが、脂がのっていてしかも身がしまっています。
主に味噌漬けや塩漬けの漬け魚や煮魚、干し魚として利用されています。大きなものは5枚おろしにしますがちょっと勿体無い気がいたします。期間も水揚げもわずかで季節メニューとして取り入れるには少々無理がある量です。 天麩羅はとってもおいしい。生送りの場合は刺し網なので内臓処理が必要 サイズは600g前後 800g前後 1kg以上       お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

ginngarei

純粋知床産 銀がれい 漁期5月~6月 9月~11月生出荷 干し魚・漬け魚は通年 1月~4月までは流氷で休漁
料理は 刺身 焼き魚 天麩羅 ムニエル から揚げ 深海の獰猛かつ脂ののったかれいです。鮮度がいいと刺身にしたり、握り寿司にして提供しております。1kg以上の大型のものから脂がのりはじめます。脂ののりがよいということはその分だけ水分が少なく身が凝縮していて美味しく、その証として翌日になると切り口が赤身を帯びたように発色してきます。火を通すと身が崩れてしまう欠点があるので衣をつけて揚げ物にしたりすると上手に召し上がれます。天婦羅などにして揚げたてを食べるとまさにふっくらと口の中でとろけるな感じさえします。 生送りの場合は刺し網なので内臓処理が必要深海の魚なのでヘッドカットした状態で送るのがベストかと思います。サイズは800g前後 1kg前後 1.2kg前後 1.5kg前後 2kg前後とあります。弊社では採れたての銀がれいをすぐに切身にして低温熟成味噌仕込みにして全国に出荷しており、その絶妙なバランスが高い評価を得ており、一押しの商品となっております。 80g~99gサイズ2切れパック
同時に知床旨味干しの商品もリピーターのエンドユーザーが数多く存在しております。弊社の銀がれい製品は刺身・一夜干し・かま干し・切り落とし・味噌漬けとどれも人気商品となっております。                                        銀がれい味噌漬けは地元斜里町の知床ブランドの認証商品です。 http://www.shiretoko-gourmet.com/gourmet_list.html       お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

さめがれい姿

生さめがれい 漁期5月~6月 9月~11月生

出荷  1月~4月までは流氷で休漁
料理は 刺身 焼き魚 天麩羅 ムニエル から揚げ 煮魚
きんきと同じ深海にいる獰猛なかれいで、栄養たっぷりに太っていて、脂ののりもかなりなものです。刺身にするときは氷水にいれて脂抜きをするくらい強く、主に煮魚として利用されている魚であります。東京銀座の料理店に毎週最大の大きさのものをお届けしておりますが、皮をむくのに一手間かかるのが特徴です。皮は原則食べられないのでむくから、むきがれいとし販売しているところもあるくらいです。深海の魚なのでヘッドカットした状態で送るのがベストかと思います。サイズは800g前後 1kg前後 1.5kg前後 2kg前後 3kg前後とあります。
むき身がれいにした製品も出荷しております。 弊社で無添加の調理加工した知床かれい煮の製品もございます。             お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

すながれい

純粋知床産 砂かれい 漁期5月~6月 9月~10月生出荷  水揚げが少ない 1月~4月までは流氷で休漁
料理はから揚げ又はそれにあんかけをかけるもの、煮魚が一般的です。骨が硬い割りに身が薄いので食べにくいのですが、さすがに大きいサイズは肉厚で食べ応えがあります。姿で発送するため夏場は避けて春先か晩秋に届けることをおすすめいたします。製品化はなく主に北海道内に生出荷しております。            お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

くろがれい群

純粋知床産 黒がれい  漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁
料理は 刺身 焼き魚 天麩羅 ムニエル から揚げ サラダ&カルパッチョ 握り寿司 煮魚 知床の黒がれいは肉厚で大型のものが多いが特徴です。 特に秋の黒がれいは身が固く引き締まっており、刺身など様々な料理に適しております。春は産卵時期と重なり、身の質が変化し、価格も流動化いたしますが秋は高値が続きます。札幌に出荷しておりますが通年を通して知床の黒がれいは高い評価を得ております。 肉厚なので歩留まりが他のかれいと比べてよく、北海道の代表的なかれいのひとつといえるでしょう。特にとれたての肉厚の黒がれいを濃い煮汁で姿煮した料理はシンプルでも魚の味がいかされているのと煮汁をはねのけるくらいの鮮度の良さとそのふっくらとした食感が絶妙なバランスとなって人々の感動をいただいております。身が固く透明なものは刺身や握り寿司にいたします。サラダやカルパッチョにしてもおいしくたべられます。てんぷらやから揚げなど揚げ物にすると身が柔らかいのでふっくらとした感じに仕上がります。当然のことながら塩の浸透圧による低温熟成にするとくろがれいの含みのある味わいが楽しめます。 製品は秋の切り身の生冷凍のみで業務用として出荷しております。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

旬のまがれい

純粋知床産 まがれい   漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁
料理は 刺身 焼き魚 天麩羅 ムニエル から揚げ サラダ&カルパッチョ 握り寿司 煮魚
まがつく魚はその種において最もすぐれているとされておりますがまがれいも例外ではないかもしれません。
知床のまがれいは肉厚で大型のものが多いが特徴です。 特に秋のまがれいは身が固く引き締まっており、様々な料理に適しております。
身が固く透明なものは刺身や握り寿司にいたします。 サラダやカルパッチョにしてもおいしくたべられます。
てんぷらやから揚げなど揚げ物にすると身が柔らかいのでふっくらとした感じに仕上がります。
サイズは中サイズから 200g前後 300g前後 大サイズで400g前後 500g前後 製品はございません。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

あさばがれい

純粋知床産 あさばがれい  漁期5月~6月   1月~4月までは流氷で休漁 水揚げが少ない
料理は から揚げ 煮魚 春先に産卵のために岸によりついて網にかかるかれいで煮魚やから揚げによく利用されております。
サイズは中サイズから 600g前後 700g前後 大サイズで800g前後 900g前後 製品はございません。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。 お問い合わせ info@shiretokokoubo.com

あさはがれい表

純粋知床産 水あさばがれい   漁期5月~6月   1月~4月までは流氷で休漁
料理は から揚げ 煮魚  水揚げは極端に少なく毎日獲れません。あさばよりも少し水っぽいかれいで煮魚やから揚げによく利用されております。
サイズは中サイズから 600g前後 700g前後 大サイズで800g前後 製品はございません。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

生のあぶらがれい

純粋知床産 あぶらかれい   漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁
料理は から揚げ 天麩羅 暖かいうちに食べないと身がもったりしてしまいます。 深海の獰猛かつ脂ののったかれいです。鮮度がいいと刺身にしたりするのですが脂が強いので氷水で脂抜きをして身を締めて使用しております。火を通すと身が崩れてしまう欠点があるので衣をつけて揚げ物にしたりすると上手に召し上がれます。天婦羅などにして揚げたてを食べるとまさにふっくらと口の中でとろけるな感じさえします。 非常に扱いが難しい魚のひとつです。深海の魚なのでヘッドカットした状態で送るのがベストかと思います。
サイズは800g前後 1kg前後 1.2kg前後 1.5kg前後 2kg前後とあります。製品は受注生産でスキンレスフィーレや生切り身がございます。生送りの場合は北海道も本州も内臓をとって出荷しております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

かわがれい

純粋知床産 川かれい   漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁
料理は 刺身 サラダ&カルパッチョ ムニエル から揚げ 握り寿司 煮魚
春先に産卵のために岸によりついて網にかかるかれいでこの時期は産卵のため身がやせほそっています。
ただし秋になると断然身がよくなり、刺身にして身がこりこりとしておいしくなります。刺身にしたり握り寿司にしたりカルパッチョとしても
おいしく食べられます。 サイズは中サイズから 600g前後 700g前後 大サイズで1kg~2kg 製品は秋にスキンレスフィーレを受注生産しております。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

いしもちかれい群

純粋知床産 おしょろかれい   漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁
料理は 刺身 サラダ&カルパッチョ ムニエル から揚げ 握り寿司 煮魚  春先に産卵のために岸によりついて網にかかるかれいでこの時期は産卵のため身がやせほそっています。ただし秋になると断然身がよくなり、刺身にして身がこりこりとしておいしくなります。刺身にしたり握り寿司にしたりカルパッチョとしてもおいしく食べられます。 サイズは中サイズから 600g前後 700g前後 大サイズで1kg~2kg 製品は受注生産でスキンレスフィーレを承っております。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。              お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

026

純粋知床産 いしもちかれい   漁期6月~7月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁  料理は 刺身 サラダ&カルパッチョ ムニエル から揚げ 握り寿司 煮魚  春先に産卵のために岸によりついて網にかかるかれいでこの時期は産卵のため身がやせほそっています。夏に近づくにつれて肉厚となり刺身にして身がこりこりとしておいしくなります。刺身にしたり握り寿司にしたりカルパッチョとしてもおいしく食べられます。 夏場に魚が枯れる時期に刺身商材として活躍するかれいです。サイズは中サイズから 600g前後 700g前後 大サイズで1kg~2kg 製品は受注生産でスキンレスフィーレを承っております。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。          お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com.

大おひょう

純粋知床産 おひょう    漁期5月~6月   1月~4月までは流氷で休漁 水揚げは少ない
料理は 刺身 サラダ&カルパッチョ ムニエル から揚げ 握り寿司 煮魚 春先にしかとれない大型の高級かれいでとくに刺身用として利用されます。身の締り脂の乗り具合といい非常にバランスのとれたかれいで、身につやがあります。煮魚にする場合は煮汁を薄く作り軽く煮るようにしております。 数量は非常に少なくなりました。サイズは中サイズから 1kg前後  大サイズで1kg~2kg 製品は受注生産でスキンレスフィーレ・切り身などを承っております。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。                 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

純粋知床産ばばがれい  漁期5月~6月   1月~4月までは流氷で休漁 料理は 刺身 煮魚 ムニエル から揚げ 握り寿司 水揚げは少ない 知床では春先にしかとれない大型の高級かれいでとくに刺身や煮魚として利用利されます。脂ものっておりとろけるような食感が特徴なのですが、獲れる数量が少ないのが難点となっております。サイズは中サイズから 1kg前後  大サイズで1kg~2kg 製品はございません。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

純粋知床産 たんたかかれい  漁期5月~10月   1月~4月までは流氷で休漁 料理は 刺身 煮魚 握り寿司 水揚げは少ない     知床でとれる天然の高級かれいでとくに刺身や煮魚として利用利されます。 北海道のかれいの王様 しまりがあり脂ものっている食感が特徴なのですが、獲れる数量が少ないのが難点となっております。 大きくなるほど値がつりあがる。サイズは小中サイズ400gから 1kg前後  大サイズで1kg~2kg 製品はございません。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。            お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

純粋知床産 銀ぼら  漁期10月 料理は 刺身 ムニエル 揚げ物 から揚げ 握り鮨 鍋
知床で一時期だけ産卵に訪れる魚なのだが、脂が乗っている時期があり、美味しい。ウロコが硬いのですべて取り除かなければなりませんが
安くて美味しい魚であることは間違いない。味噌漬けなどに最適な魚 大きさは600g~1.5kg程度で 製品は味噌漬け・刺身など。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

あおぞい2

純粋知床産 あおぞい   漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 水揚げは少ない
料理は ムニエル から揚げ 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼き 刺身&握り寿司、特にアクアパッツアやヴイヤベースがお薦め。知床のメバル科の中で最もおいしく高価なそいであります。生で加工して食べることをおすすめする魚で冷凍すると細胞破壊が激しく食味も大きく変化いたします。その分生で調理するとめばる科特有の骨からよりお多くのエキスが出てきます。春よりも秋の方が水温が低い分だけ身が締まって脂がのっております。また価格も秋の方が高くなっています。歩留まりも大きいほどよく小さくなるにつれて悪くなるので価格も変化いたします。サイズは中サイズから 200g前後 300g前後 大サイズで400g前後 500g前後 製品は冷凍姿生冷凍で承ります。 生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。        お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

しまぞいアップ

純粋知床産 しまぞい   漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁
料理は ムニエル から揚げ 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼き 刺身&握り寿司、特にアクアパッツアやヴイヤベースがお薦め。 知床のメバル科の中でポヒュラーなそいです。生で加工して食べることをおすすめする魚で冷凍すると細胞破壊が激しく食味も大きく変化いたします。その分生で調理するとめばる科特有の骨からよりお多くのエキスが出てきます。春よりも秋の方が水温が低い分だけ身が締まって脂がのっております。また価格も秋の方が高くなっています。歩留まりも大きいほどよく小さくなるにつれて悪くなるので価格も変化いたします。サイズは中サイズから 200g前後 300g前後 大サイズで400g前後 500g前後 製品は冷凍姿生冷凍で承ります。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

くろぞい拡大

純粋知床産 くろぞい   漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 水揚げは少ない
料理は ムニエル から揚げ 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼き、特にアクアパッツアやヴイヤベースがお薦め。価格が安いので1尾で料理しても安上りです。知床のメバル科の中で小型のものがよくとれますので姿煮にしたり、鍋商材として使用します。春よりも秋の方が水温が低い分だけ身が締まって脂がのっております。また価格も秋の方が高くなっています。歩留まりも大きいほどよく小さくなるにつれて悪くなるので価格も変化いたします。サイズは小サイズから 100g前後 200g前後 300g前後 大サイズで400g前後 500g前後 製品は冷凍姿生冷凍で承ります。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

やなぎの舞

純粋知床産 やなぎのまい  漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 水揚げは少ない
料理は ムニエル から揚げ 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼き、特にアクアパッツアやヴイヤベースがお薦め。 知床のメバル科の量的にさほどとれない魚です。春よりも秋の方が水温が低い分だけ身が締まって脂がのっております。また価格も秋の方が高くなっています。歩留まりも大きいほどよく小さくなるにつれて悪くなるので価格も変化いたします。サイズは小サイズから 200g前後 300g前後 大サイズで400g前後 製品はございません。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

がや群

純粋知床産 がや  漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 水揚げは少ない
料理は ムニエル から揚げ 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼き、特にアクアパッツアやヴイヤベースがお薦め。 知床のメバル科の中で小型のものがよくとれますので姿煮にしてよく食べます。春よりも秋の方が水温が低い分だけ身が締まって脂がのっております。また価格も秋の方が高くなっています。歩留まりも大きいほどよく小さくなるにつれて悪くなるので価格も変化いたします。サイズは小サイズから 100g前後 200g前後 300g前後製品はございません。 生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。                お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

知床産めだい

純粋知床産 めだい  漁期 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 近年特に水揚げは少ない
料理は ムニエル から揚げ 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼き 刺身&握り寿司、特にアクアパッツアやヴイヤベースがお薦め。
毎年9月の下旬ごろから取れ始め、10月に入ると魚体が大きくまた水温が下がって身が引き締まってきます。このころが脂がのっておいしい時期となります。刺身にしたり、握り寿司にしたり、しやぶしゃぶにしたりして楽しむ他 なべ料理にも適しております。その他の揚げ物料理やホイル包み焼きなどの蒸し料理もポン酢との相性がいい魚です。歩留まりが悪いのが唯一の欠点サイズは中サイズから 800g~900g前後 1kg前後 1kg以上 製品は味噌漬け・刺身など承っております。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。   お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

まだら群

純粋知床産 まだら   漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 近年水揚げは少ない
料理は ムニエル から揚げ 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼き、特にアクアパッツアやヴイヤベースがお薦め。 近年減少傾向にあるまだらですが、やはり様々な料理に適していると思います。鮮度落ちが早いのでとれたてをすぐに内臓処理をして取り除きます。そのときの胃の中はいろいろな小魚を丸呑みしております。大食漢なのがうかがえますが、消化が遅いので胃の中はいつも何がしかのものが入っております。特に冬場の大型のまだらは庶民には手の届かない存在になってしまったのではないでしょうか。弊社で作成している低温熟成味噌仕込みはエンドユーザーにリピート支持をいただいている商品です。 ただし晩秋になると価格は上がるので作成しておりません。サイズは中サイズから 800g~900g前後 1kg前後 2kg以上 製品は味噌漬け・一夜丸干しを承っております。生送りの場合は北海道も本州も内臓をとって出荷しております。     お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com作成しておりません。

ひめたら2

純粋知床産 ひめたら   漁期5月~6月 出荷  1月~4月までは流氷で休漁 水揚げは少ない
料理は 干し魚にして焼き用に すけそうだらの幼魚で丸干しにして焼いて食べるもので柔らかく安いので人気があります。
サイズは干して50g前後から100g程度まで  製品は一夜干しを承っております。お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

純粋知床産 むきかすべ 漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁
深海にいるかすべ「えい」で皮はたべられないので剥いて製品にいたします。さめの身に似ていて鮮度落ちするとアンモニア臭がして食べられません。主に 煮物にしますが揚げ物などにも使用いたします。半日だけ味噌漬けにしたものは絶品。北海道ではこのかすべをよく食べます。
歩留まりが非常に悪く、7割くらいを廃棄して羽の部分だけ食します。大きさは様々で1枚 100gくらいから1kgまであります。大きい方が価格は高い。製品はございません。  お問い合わせ info@shiretokokoubo.com

まかすべ2枚

純粋知床産 まかすべ   漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁
浅瀬にいるかすべ「えい」で皮は食べられますが剥いて出荷する場合と剥かない場合があります。さめの身に似ていて鮮度落ちするとアンモニア臭がして食べられません。主に 煮物にしますがまかすべの煮こごりは絶品です。 また揚げ物にも使用いたします。
歩留まりが非常に悪く、7割くらいを廃棄して羽の部分だけ食します。大きさは様々で1枚 100gくらいから1kgまであります。大きい方が価格は高い  製品は一夜干しや生冷凍を承っております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

はたはた群

純粋知床産 はたはた  漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 水揚げは少ない
料理は 鍋用 から揚げ 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼き 干し魚焼き。産卵のために春と秋に岸によりつき網にかかります。 知床のはたはたは魚体が大きく色が鮮明で皮が厚いのが特徴で主に鍋用や味噌煮、干し魚にして焼いたりして食べます。
大きさは様々で1尾 50gくらいから300gまであります。オスとメスでは価格が2倍ほどメスの方が高くセリ落とされます。製品は受注生産で一夜干しを承っております。生送りの場合は北海道も本州も出荷しております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

生こまい群

純粋知床産 こまい   漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 料理は 鍋用 干し魚焼き ホイル包み焼き 煮魚
氷下魚と書いてこまいと呼びます。こまいはほどほどの大きさが手ごろで焼きやすく、大きくなると「おおまい」といって骨が太くなって焼きずらくなります。また小さすぎても身がなくて食べにくいということもあります。一夜干しにして味を凝縮させて炭火で食べるのが一番おいしく食べられますが潮汁のようなものの具材になったりもします。 から揚げにしても味が薄いのであんかけなどをかけて食べるといいでしょう。
大きさは様々で1枚 100gくらいから300gまであります。 知床は大きいのがとれます。 製品は一夜干しを作成して承っております。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

めぬき2

純粋知床産 めぬき  漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 水揚げは少ない
料理は 煮魚 から揚げ フライ ムニエル 刺身&握り寿司 天麩羅 鍋用 焼き魚、特にアクアパッツアやヴイヤベースがお薦め。きんきと同じ深海でとれる白身の大きな赤い魚です。きんきと比べると脂は薄いですが白身にしては脂はもっております。非常に歩留まりの悪いもので頭だけでも3割くらいあり、3枚おろしにすると1枚が総重量の2割にも満たないほどです。主にあらや中骨などを入れた鍋用として使用されたり、刺身や握り寿司のネタとなったり高級食材として使用されます。煮魚にしたり、漬け魚にして焼いて食べたりとバリエーションは様々です。 サイズは800g~900g前後 1kg前後 2kg以上 製品は鍋用として承っております。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

生冷いか

純粋知床産 まいか 漁期 10月~11月冷凍出荷  1月~4月までは流氷で休漁 昨年は激減。料理は 煮物 から揚げ フライ 鍋用 刺身&握り寿司 天麩羅 一夜干し焼き。知床では鮭漁が終盤にさしかかった10月半ばから定置網にかかります。 いかつり漁ではなく混獲なので外側も黒くなく白い状態のものが多いのですが、肉厚で大きいものや惣菜用の小さいものまで安く手に入ります。 すべて冷凍流通
いかはいろいろな料理に適していて重宝に使えます。サイズを揃えて急速冷凍をかけたり、真空袋に入れたりと用途に合わせてストックしています。昨年の豊漁と高値のように在庫が底をつきてしまうような年もあります。 サイズは200g~300g前後 300g前後 400g以上。製品は一夜干し。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

どすいか生の画像

生どすいか&ボイル 漁期5月~6月 9月~11月ボイル生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 水揚げは少ない
料理は 煮物 から揚げ フライ 天麩羅 など主に揚げ物や煮物として利用いたします。
ほぼ漁があるときは通年とれます。ただし鮮度落ちが早いので水揚げ後すぐにボイルして皮を剥いて商品化いたします。
サイズは200g~300g前後 300g前後 400g以上 製品 出荷はすべてボイルしてから冷凍となります。               お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

7かけたこ

生たこ&ゆでたこ 漁期5月~6月 9月~11月ボイル生出荷  1月~4月までは流氷で休漁
料理は 刺身 しゃぶしゃぶ カルパッチョ から揚げ 通年とれますが春の網によくかかりセリ落とされます。たこの活出荷も可能ですがやはり、活ゆでしたものをお勧めいたします。たこは生きているうちにゆでるのが身の締りとなり、死んでしまったものをゆでると身がくたっとなってしまいます。
一般的にみょうばんを入れて茹で上げますが、弊社の場合は無添加の茶葉で茹で上げをいたします。刺身が一般的な食べ方ですがしゃぶしゃぶやカルパッチョサラダ、から揚げなど比較的安易に食べられる食材です。サイズは1本当たり300gくらいからありますが、刺身用としては500g~900g程度がお勧めです。製品は刺身真空冷凍を承っております。お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

北海しまえびあっぷ2

純粋知床産 北海しまえび   漁期6月   チルド又は冷凍出荷 1月~4月までは流氷で休漁 水揚げは少ない
生食で食べます。漁師が早朝とってきてすぐに釜ゆでするもので鮮度がよいものほど赤みがでます。近年極端に資源が減少していて高騰しております。以前のように安易にビールジョッキー片手に食べられなくなってしまいました。近年のの知床産の北海しまえびの出荷はゼロでした。 サイズは大中小少々と段階的 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

かじか

純粋知床産 かじか   漁期5月~6月 9月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁
料理は 煮物 から揚げ 鍋用 かじかの種類は川にいるものを含めると20種程度になるといわれております。その中で市場に出荷されるのはごく僅かでしかも型が大きいものなります。特にまかじかは「なべこわし」といわれるほど鍋に最適な魚で季節には高値で取引されます。
逆に鍋の季節以外は歩留まりも悪く淡白な味の為価格は安値で推移してしまいます。サイズは1尾当たり500gくらいからありますが、鍋用としては500g~900gが主流  製品はございません。生送りの場合は北海道はそのままで本州は内臓をとって出荷しております。       お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

しいら

純粋知床産 しいら 漁期8月~9月 生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 昨年は減少 料理は 刺身 漬け魚焼き フライ 天婦羅 から揚げ
夏のカラフトマスの網にかかる南方系の魚で海水面に浮いているのが特徴です。 刺身でも食べられますが、てり焼きや味噌漬け焼きにように漬け焼きに適しております。大型の魚なので姿ではなくて半身や四半身にして出荷しております。サイズは1尾当たり5kg~15kgjまで kg換算して半身出荷しております。製品は味噌漬けで承っております。生送りの場合は北海道も本州も内臓をとって切り身で出荷しております。     お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

うに折群

純粋知床産 えぞばふんうに  漁期5月~8月 生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 資源減少
料理は 刺身 サラダ お吸い物 ハーフサイズ40g とフルサイズ100gがあります。知床のうに漁は短く正味2か月で終了いたします。資源保護が大切な約束事となっているのですが、ちょっとでも時化になると出漁できず、実際の稼動期間はさらに短縮されています。 うにの殻をはずして整列して実を並べる作業は大変なもので半分以上が人件費にとられてしまいます。製品はうに折出荷で予約で出荷しております。       お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

IMG_5349

純粋知床産 大みぞ貝  漁期4月~5月 8月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 6月~7月は産卵期の禁漁
2枚貝 料理は刺身&握り寿司  エスカルゴ風料理 グラタン サラダ カレー&シチュー 炭火焼き 水揚げは少ない
15kg単位 一般的には出回っていないくらいの僅かな量ではありますが、味は濃く大変おいしい。ひとつだけ難点なのは非常に弱い貝で日持ちがしないということです。まだ市場性もなくこれからの貝として期待しております。製品は予約でボイル出荷しております。          お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

ほっき貝

ほっき貝 漁期4月~5月 8月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 6月~7月は産卵期の禁漁
2枚貝 料理は 刺身&握り寿司 グラタン 鍋用 サラダ カレー&シチュー 炭火焼き 殻をはずして身を取り出し真ん中から開いて中の内臓類を取り出します。生のうちは磯の香りがして刺身としてもおいしく、軽くボイルして使用すると黒い部分が赤みを帯びて変色して甘みが出てきます。こちらも刺身や握り寿司として重宝されております。あまり火を通しすぎると硬くなって、ごむまりのような食感となるので火加減には注意いたします。鍋やカレー&シチュー、グラタンに入れるときも最後に入れるように心がけております。 ほどよい湿度と低い温度であれば1週間は楽に生きている貝です。サイズは1個当たり200g~250g 250g~300g 300g~350g 350g~400gと区分けしておりますが250g~350gくらいの間が肉厚でそろっております。製品はボイル刺身真空冷凍を承っております。生送りの場合は貝のまま出荷しております。              お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

平貝

純粋知床産 平貝   漁期4月~5月 8月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 6月~7月は産卵期の禁漁
2枚貝 料理は 刺身&握り寿司 グラタン 鍋用 サラダ カレー&シチュー 炭火焼き ほっき貝と同じ場所に生息している貝でほっき貝よりも形は小さいのですがよく出しが出る買いです。 殻をはずして身を取り出し真ん中から開いて中の内臓類を取り出します。生のうちは磯の香りがして刺身としてもおいしく、握り寿司としても利用されております。あまり火を通しすぎると硬くなってごむまりのような食感となるので火加減には注意いたします。鍋やカレー&シチュー、グラタンに入れるときも、最後に入れるように心がけております。 ほどよい湿度と低い温度であれば1週間は楽に生きている貝です。 サイズは1個当たり40g~80g 製品は50℃ボイルしたものを真空冷凍したものがございます。活ゆですることによって身がしっかりとするからです。生送りの場合は貝のまま出荷しております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

 

純粋知床産 えぞばか貝  漁期4月~5月 8月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 6月~7月は産卵期の禁漁
2枚貝 料理は刺身&握り寿司 グラタン サラダ カレー&シチュー15kg単位 一般的には出回っていないくらいの僅かな量ではありますが、味は濃く大変おいしい。ひとつだけ難点なのは非常に弱い貝で日持がしないということです。まだ市場性もなくこれからの貝として期待しております。製品はございません。。生送りの場合は貝のまま出荷しております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

千金つぶ

純粋知床産千金つぶ  漁期4月~5月 8月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁
巻き貝 料理は刺身&握り寿司 和え物 主に刺身で食べるか、軽く湯引きして細かく切って生姜醤油で合えるような料理にかぎられますが、その食感はこりこりしていて通のひとにはたまらないようだ。貝のままだと3~5日間程度生きています。サイズで200g~300g  製品はございません。 生送りの場合は貝のまま出荷しております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

知床産ばいつぶ

純粋知床産ばい貝   漁期4月~5月 8月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁  巻き貝 料理は刺身&握り寿司 天婦羅などの揚げ物 和え物 サラダ カレー&シチュー グラタン 炭火焼き  知床で最も高価な巻き貝で、熱を通しても硬くならないのが特徴
天婦羅やかき揚げなどにして食べると絶品 柔らかい食感は様々な料理に適しております。 貝のままだと2~3日間程度生きています。 サイズで50g~300gまで大きさあり。 製品は刺身用つぶ・煮つぶ・ボイルむきつぶなど人気を博しております。生送りの場合は貝のまま出荷しております。お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

らうすばい貝

純粋知床産 らうすばい貝   漁期4月~5月 8月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁
巻き貝 料理は刺身&握り寿司 天婦羅などの揚げ物 和え物 サラダ カレー&シチュー グラタン この貝も熱を通しても硬くならないので揚げ物などに適しております。貝のままだと2~3日間程度生きています。 サイズで50g~300gまで大きさあり。製品はボイルむきつぶを承っております。お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

貝ほたて2

純粋知床産 ほたて貝  漁期4月~5月 8月~11月生出荷  1月~4月までは流氷で休漁
2枚貝 料理は刺身&握り寿司 天婦羅などの揚げ物 和え物 サラダ カレー&シチュー グラタン 知床では本格的なほたて漁は取りやめてしまったため、幾分かの天然のほたて貝がとれるほどとなってしまいました。知床のほたては大きくならないのですがその分、濃潤で印象的な後味があります。刺身で召し上がるとその差は歴然です。製品は片貝冷凍で承っております。生送りの場合は貝のまま出荷しております。       お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

020

純粋知床産 にしん  漁期5月~6月 生出荷  1月~4月までは流氷で休漁 水揚げは少ない
干しにしん 料理は から揚げ 煮魚 焼き魚 ホイル包み焼き 知床のにしんは春の産卵期に岸に寄り付いて網にかかります。時期的なものもあるのですが、魚体の大きさのわりに脂がないのが残念です。煮魚やホイル包み焼きで食べるのですが、本来のにしんの味で食べる料理としてはちょっと物足りないかもしれません。10月~11月にとなりの網走港に入港する底引き網のにしんはさすがに脂がのっておいしい。私どもが一年に一度にしんをまとめ買いするのがこのにしんであります。生を開いて塩水に漬け込み20時間陰干ししたにしんはしっかりと味が凝縮されていておいしい。干しあがったにしんを取るときに脂だらけになるくらいにじみ出ております。
サイズは知床産の生にしんで300g前後。製品は一夜ほしですがここ数年は製品化されておりません。生送りの場合は北海道も本州もそのまま出荷しております。 お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

もずく

純粋知床産 もずく 漁期8月~9月 冷凍年間出荷
料理は 酢の物 汁の具 鍋商材
知床で年間2週間しか採れない「幻のもずく」です。サクサク感が特徴のもずくで食感が楽しめます。製品は生冷凍で承っております。     お問い合わせ  info@shiretokokoubo.com

下記をクリックするとそれぞれの魚種の年間水揚げ一覧表がPDFファイルでご覧になれます。

旬のカレンダー水揚げ一覧表かれいetc_

旬のカレンダー水揚げ一覧表きんきetc

旬のカレンダー水揚げ一覧表さくらますetc