知床工房酒辞典

「酒と戦国時代の武将達」

銘酒の四方山話

「酒と戦国時代の武将達」
「上杉謙信」 武田信玄の女性関係が華やかであったのに対して、謙信は生涯妻を迎えなかったほどの無粋であり、道徳的で純情な武将といわれていた。そのかわり酒はよく飲み、戦国の武将の中でも名だたる酒豪であった。あるときは画工を呼び、朱塗りの大盃と独鈷の絵を描かせて、興じていた。辞世の句も「四十九年夢中酔、一生栄花一杯酒」その死因もまた脳卒中であり、織田信長との対戦を控え、出陣の準備を整えていた時のことである。
「織田信長」信長の酒は、戦国武将を代表するような豪快なものであったが、時にはその豪快さが行き過ぎた体もある。天正2年の元日に、年賀の客が帰ったあと、近習の者たちを集めての二次会に、古今にも珍しい酒の肴があるといって朝倉義景,浅井長政、久政らの首を据え、これを眺めながら大いに飲み、謡いをうたったいう恐ろしい話も残っている。

最新情報