知床工房酒辞典

 伝えるすべがある。酒屋の酒しらず

銘酒の四方山話

伝えるすべがある。酒屋の酒しらず

今の消費者の感覚は素晴らしい。とくにマニアの味覚にはよくよく感心いたしますし、私共もさらなる賞味の食指を広げなくてはいけないと思います。よく聞かれるのがどこどこの地方の○○の酒がうまいのだけれど、知っているかい、または入手できるのかいと。そのとき私共は思わずNOと答えているのです。ただ断るだけではなくその時に、酒のプロであるはずの酒屋よりも、消費者の方がいろいろな酒に出遭う機会が多いということに気がつくのです。
たとえ味覚に対する感覚がすぐれていても、酒の一般知識が多少あったとしても、数多くの機会に楽しく、おいしく飲んでいる人にはかなわないということだと思います。よくティスティングをするときに、自分なりにテイスト価格を出します。
そしてそれより安ければお値打ち、高ければ以後取り扱わないという判断をしてしまいます。
がしかし、新しいお酒の新しい感覚を享受していかなければならない時期にきているのでしょう。
「酒屋の酒知らず」は自戒の念をもって、今後鋭意努力しなければならない警告なのかもしれません

最新情報