知床工房酒辞典

「世の中に酒と言うもの無かりせば、何に左手をつかうべき~粋だねぇ」 「ま、一杯飲みねぇ」「冗談じゃねえよ、こんなくだらねぇ酒飲めねぇな」

銘酒の四方山話

 

「世の中に酒と言うもの無かりせば、何に左手をつかうべき~粋だねぇ」  
「ま、一杯飲みねぇ」「冗談じゃねえよ、こんなくだらねぇ酒飲めねぇな」
 世の中には、くだらない話とか、くだらない奴などと「くだらない」のつく言葉が多い。酒を飲んでいても「あんなくだらない会社辞めてやる」「最近のテレビドラマ、ありゃくだらんね」とこんな話ばかり。
 さて、この「くだらない」と言う言葉だが酒に由来している事をご存知だろうか。ちょっとうんちくを傾けてみたい。かって日本の文化の中心として発達してきたのは、京都であり、大阪だった。この上方には、酒造りでも、「灘」があり」伏見」があり、良質な酒の生産地が集中していた。京都に天皇がいた事から、こうした上方で醸造され、「江戸に送られてくる酒を「下り酒」と言ったのである。この「下り酒」に対して、尾張、美濃さらに江戸川、荒川の水を利用して作られる酒もあった。これは「地回り酒」と呼ばれていたが、どうも下り酒に比べると味が落ちていたらしい。「下り酒」は文禄、慶長期に栄えた大酒問屋の鴻池屋から始まったと言う。
 ニ斗樽を馬の両脇につけて東海道を江戸に下ったのである。それが江戸時代も中期になると、輸送の方法が変って船になった。これを樽廻船という。当時、大阪から江戸までの道中は長かった。馬にしろ船にしろ、酒は杉の樽の中でぽちゃぽちゃ揺られた。ところがこれが酒には良かったのである。輸送される間に樽に使われている杉の香りが移って、酒の風味が一段と良くなったのである。「下り酒」は別名を「富士見酒」とも呼ばれた。それは、遠州灘で富士のお山を見ながら下ってくるからであった。こうして運ばれた酒は江戸で「うまい、うまい、さすがに下り酒」と言ってもてはやされたのである。そこで江戸っ子達は、京都、大阪から下ってこない酒は、旨くない酒、よくない酒と言う感覚を次第に持つようになり、「くだらねぇ」と言う言葉がいつの間にか定着したのであった。
 せっかくいいお酒を作っても、江戸に出荷しなかった造り手にとってはまったくもって「水くせぇ話」だったのでしょう。
最新情報